65歳の前々日に退職すれば一挙両得

改正高年齢者雇用安定法が令和3年4月から施行され、70歳までの就業確保措置を講じることが「努力義務」になりました。

70歳まで働ける会社はいいけど、65歳定年の会社もまだまだ多いと思います。
失業保険は年金制度と同じように「誕生日の前日」が満年齢に到達する日です。
65歳定年の方、65歳の誕生日前日までまるまる働き続けたら損をするかもしれませんよ。

定年退職の場合、失業保険の給付日数が65歳未満と65歳以上ではこんなに違います。

ハローワークインターネットサービスより抜粋
被保険者であった期間1年未満1年以上
高年齢求職者給付金の額30日分50日分
高年齢求職者給付金 リーフレットより転記

つまり20年以上被保険者として働き続けて、65歳誕生日の前々日に退職した場合と65歳の誕生日前日に退職した場合では、(150日分−50日分=)100日分も違いが出るのです。

※2021年4月現在はコロナの影響で失業給付金が60日延長となっていますが、高年齢求職者給付金は一時金で延長がないのでトータル160日の違いになります。これは今後変わるかもしれないので、必ず最新情報をご確認ください。

失業保険と特別支給の老齢厚生年金
65歳になる前に失業保険を支給される人は、特別支給の老齢厚生年金(65歳前に支給される厚生年金)と併給されないので、特別支給の老齢厚生年金か失業保険のどちらか高いほうを選択します。

失業保険と老齢厚生年金
65歳以降に失業保険を受給する場合は老齢厚生年金と失業保険両方とも受け取れます。
失業保険を受給するためには、65歳の誕生日の前々日までに退職し、65歳以降に求職の申し込みをすればいいのです。
そうすれば64歳で退職し、65歳以降に失業保険を受給することになるので失業保険と老齢厚生年金の両方が受け取れます。

ただし、就業規則で「65歳の誕生日が退職日」となっている場合、退職時期を早めることで離職理由が「自己都合」となり3カ月の支給制限を受けることもあります。

また、65歳退職で退職金が出る場合も金額に影響が出るかもしれません。

事前に就業規則をよく確認しておいた方がいいでしょう。

また失業保険や高年齢求職者給付金は積極的に求職活動を行っている人が対象となっています。
ちゃんと求職活動して、定期的にハローワークへ行く必要がありますので、その点もご留意くださいね

タイトルとURLをコピーしました