2022年4月1日から成年の年齢18歳に引き下げ!18歳から大人!!

18歳で何ができるようになるの?


・親の同意なしに,様々な契約ができるようになる(例:携帯電話の購入、1人暮らしのためのアパート契約、クレジットカード作成、ローン契約など)
・10年有効パスポートの取得
・公認会計士や司法書士などの国家資格に基づく職業に就くこと

※今までは未成年ということで、親の同意なしに締結した契約には未成年者取消権があったが、今後は取り消せないので注意が必要!

困ったときは“消費者ホットライン188(いやや)”へ連絡しよう!

18歳になってもできないこと(=従来通り)

・お酒、たばこ、競馬・競輪・競艇等の公営競技は従来通り20歳から。

これらは,健康被害への懸念や,ギャンブル依存症対策などの観点から、従来の年齢を維持することとされているようです。

16歳から18歳に変わったこと

結婚については、今まで女性16歳、男性18歳でできていたけど、2022年からはどちらも18歳から。

ただし、本改正が施行される2022年4月1日時点で16歳以上18歳未満の女性は婚姻可能。
婚姻可能な女性が婚姻不可に戻ることはありません。

現在、未成年が生年月日によって新成人となる日

生年月日             新成人となる日 成年年齢
2002年4月1日以前生まれ        20歳の誕生日  20歳
2002年4月2日~2003年4月1日生まれ 2022年4月1日  19歳
2003年4月2日~2004年4月1日生まれ 2022年4月1日  18歳

まとめ

我が国における成年年齢は、明治9年(1876年)以来、20歳とされてきましたが、2021年4月1日以降は18歳に引き下げられます。

成年年齢の見直しは、明治9年の太政官布告以来約140年ぶりであり、18歳、19歳の若者が自らの判断によって人生を選択することができる環境を整備するとともに、積極的な社会参加を促し、社会を活力あるものにする意義を有するものです。

親の同意を得ずに様々なことができるようになりますが、その分責任を負うことにもなります。

成人になりたての新成人は、契約に関する知識や経験が乏しいこともあり、内容をよく理解しないまま安易に契約を結んでしまう傾向にあります。

契約する前によく考える、儲け話をうのみにしない、契約をせかされたらきっぱり断るなどの注意が必要です。契約や買い物で困ったときは、消費者ホットライン188(いやや)に相談しましょう。

タイトルとURLをコピーしました