資産形成の極意『バビロンの大富豪』の教えより

PGF生命の「2021年の還暦人(かんれきびと)に関する調査」によると、還暦人の貯蓄額の平均は3,026万円、4人に1人は100万円未満です。

PGF生命の「2021年の還暦人(かんれきびと)に関する調査」 より

そして2025年の日本は、団塊の世代が75歳を超えて後期高齢者となり始めるタイミング。
実に国民の3人に1人が65歳以上、5人に1人が75歳以上という「超高齢化社会」を迎えます。

「超高齢化社会」では、医療や介護などの社会保障費の増大が懸念されているのに、公的年金においては受給金額の減少、支給年齢の引き上げなど、実質的に年金制度が破綻を迎えるとも言われています。自己防衛のため、1日も早く行動しなければいけません!

でも、何から始めればいいの?

時代を超えたベストセラーといわれる『バビロンの大富豪』から学びましょう。

バビロンの大富豪より

『バビロンの大富豪』から現代日本にも通じる、すばらしい5つの黄金法則を見つけました。

5つの黄金法則(※原文より引用)

  1. 将来の資産と家族の財産を築くため、最低でも収入の十分の一を貯めるならば、黄金は自ら進んで、しかもだんだんとその量を増やしながらやってくるだろう。
  2. 貯まった黄金がさらなる利益を生むような働き口を見つけてやり、家畜の群れのごとく増やせる賢明な主人となるならば、黄金は勤勉に働いてくれるだろう
  3. 黄金の扱いに長けた人々の忠告のもとに黄金を投資するような慎重な主人であれば、黄金はその保護のもとから逃げようとはしないだろう
  4. 自分のよく知らない商売や目的、あるいは黄金を守ることに長けた人々が認めないような商売や目的に使われる黄金は、その人間から逃げてゆくことだろう
  5. あり得ないような莫大な利益を生ませようとしたり、詐欺師の魅惑的な誘いに従ったり、あるいは自らの未熟で非現実的な欲望に頼ったりするような人間からは、黄金は逃げてゆくことだろう

5つの黄金法則を現代版に解釈してみました。

①最低でも収入の10%は先取り貯金して投資に回そう。もともと10%は最初からなかったものとしてやっていき、慣れたら次は20%、30%と投資に回すお金を増やすと貯まる速度もどんどん加速していくだろう。

②お金を運用して、複利で増える仕組みに投資しよう。今ならつみたてNISAのインデックス投資がベストかと。iDeCo、NISA、つみたてNISA など税制優遇されたものは、国からのプレゼントだと思ってどんどん活用しよう。ただし、銘柄選びは慎重に!

③ここは黄金の扱いに長けた人々(=儲け主義の証券会社や銀行のススメ)は無視して、プロトレーダーだった高橋ダンさんやリベ大の両学長のYouTube動画なんかを参考にしよう・・が、あくまでも投資は自己責任で(‘◇’)ゞ

④と⑤はまとめて・・よくわからないものへの投資やポンジ・スキームなどの詐欺にはくれぐれも引っかからないようにしよう。詐欺にあうと一瞬でせっかく貯めたお金をなくして取り返しがつかない。

(※ ポンジ・スキーム とは、詐欺のなかでも特に、「出資してもらった資金を運用し、その利益を出資者に(配当金などとして)還元する」などと謳っておきながら、実際には資金運用を行わず、後から参加する出資者から新たに集めたお金を、以前からの出資者に“配当金”などと偽って渡すこと)

守るべきこと

同書には、下記守るべきことも書かれています。深くかみしめ、実践しましょう。

・借金は能力の及ぶ限り、なるべく早く返すこと
・支払い能力を超える買い物はしないこと
・家族の面倒を見て、家族から慕われ、尊敬されるよう努めること
・遺言書をきちんと作っておくこと。神に召されたとき、その遺産配分は、適切で、しかも各人の名誉を重んじる形でなされるようにしておくこと
・親しい人には思いやりのある態度で接すること。運命の巡りが悪く、傷ついたり打ちのめされたりした人へ同情を寄せ、無理のない範囲で援助すること

バビロンの大富豪より引用

まとめ

資産形成は早ければ早いほど有利ですが、還暦で貯蓄額が100万円未満の人も、今は年を取っても働くのが当たり前の時代です。できるだけ長く働き、年金を繰り下げ受給することでお金が増やせるし、お金の寿命も延ばせます。

還暦人が考える“なりたい自分像”の第1位は「のんびりと自由に過ごす“悠々自適シニア”」です。バビロンの大富豪の教えを守って、資産を増やしていきましょう! “悠々自適シニア” を目指しましょう

タイトルとURLをコピーしました