【MoneQ】マネー相談①

老後までに2000万円。正直言って無理かも

質問(30代/男性)

老後の資金に2000万以上必要だという事を以前ネットで見た事がありました。今現在、家のローンや生活費等でぎりぎりの生活をしている中で、今後子ども達の教育費用などを考えても将来的に2000万円という額を貯められるのかとても不安です。将来だけではなく、今近い将来でかかってくる車検や税金などの貯金をするのも一苦労、どこから捻出したら良いのかもわからないため、どこから削ったら良いかも判断がつかないので、一度家計も含めて相談をしてみたいなと思っていたところです。現在、月の給料は20万弱、生活費やローン等を差し引いても、貯金できているのは月2万円前後といった感じです。貯金をしても、また税金や車検にとられるのでなかなか貯まっていきません。

回答

ご質問ありがとうございます。

老後2,000万円問題とは、2017年の家計調査年報における高齢夫婦無職世帯の家計を元にした数字です。
※夫65歳・妻60歳  老後期間を30年間とした場合
 実収入209,198円  実支出26,3718円  収支差-54,520円
 −54,520×12月×30年=−19,627,200円 約2,000万円不足

それが2020年はコロナの影響もあり「老後−55万円」まで縮小しています。
 実収入257,763円  実支出259,304円  収支差-1,541円
 −1,541×12月×30年=−554,760 約55万円不足

特に2020年は特別定額給付金があったにもかかわらず、ステイホームで教養娯楽費、交際費が減少しています。そのせいもあると思いますが、今年4月から「70歳までの雇用」努力義務という制度も出てきました。

年金を繰下げ受給すると1ヶ月0.7%年金が増え、5年だと42%増えます。2022年4月施行となる
新ルールでは75歳まで繰下げ可能となり、そうすると84%受給額が増えるのです。
長く働けば長く働くほど豊かな老後生活が送れます。夫婦共稼ぎで長く働けばなおさらです。

今はまず月1万円でも、先にお給料から天引きする形でつみたてNISAなど始めましょう。
長い期間運用することで資産形成できると思います。普通預金や定期預金では超低金利下で資産形成は難しいので、ドルコスト平均法と複利を利用してつみたてNISAで資産形成しましょう。

以下3点がポイントです。

  1. 長く働いて収入を増やす
  2. 支出を減らす
  3. 資産運用で収入を増やす

まだまだお若いので、今からスタートすれば十分間に合いますよ

タイトルとURLをコピーしました