【最新】10月から始まる値上げと値下げ

値上げされるもの

・たばこ
たばこ税の増税に伴い、10月1日から多くのたばこ銘柄で小売り価格が値上がりします。
紙巻きたばこは1箱当たり10~40円程度の値上げの予定です。

・小麦
輸入小麦を政府から製粉会社に売り渡すときの価格(政府売渡価格)が、10月から値上げになります。
製粉会社が輸入小麦を仕入れる価格が上昇するため、輸入小麦を使用したパン、菓子、麺類などの商品も値上がりすることが予想されます。

・マーガリン
マーガリンの主原料である油脂類の価格が世界的に上昇していることから、10月1日の出荷分からマーガリンが4.3~12.8%値上げの予定です。

・インスタントコーヒー

AGFは10月から家庭用レギュラーコーヒー14品種などを値上げし、店頭価格はおよそ20%アップになる見込みです。

・電気料金
燃料費調整単価の上昇に伴い、大手電力会社から10月分の電気の値上げが発表されています。
9月分と比較して、東京電力は1kWhあたり約0.54円、関西電力では1kWhあたり約0.35円、九州電力では1kWhあたり約0.25円の値上げの予定です。
一般家庭の平均的な電気使用量の260kWh/月では、10月は9月より140円程度、電気料金が上がると考えられます。

・ガス料金
原料費調整に伴い、大手ガス会社から10月分の基本料金の値上げが発表されています。
9月分と比較して、東京ガス・大阪ガスは1m3あたり3.48円、東邦ガスは1m3あたり3.47円の値上げの予定です。
一般家庭の平均的なガス使用量30m3では、10月は9月より104円、ガス料金が上がると考えられます。

・最低賃金
毎年10月に改定される最低賃金。2021年度の改定では、全都道府県で引き上げが実施され、全国で平均28円の引き上げ予定です。
都道府県ごとに、10月1日~10月8日の間に順次改定されます。

値下げされるもの

・固定電話から携帯電話への通話料
これまで携帯電話会社が設定していた固定電話から携帯電話への通話料金は、2021年10月からNTT東日本・NTT西日本が設定することに変更になります。
これに伴ない、通話先の携帯電話会社ごとに設定されていた通話料金が一律に変更になります。
10月1日より、NTT東日本・NTT西日本の固定電話から携帯電話への通話料金は、17.6円/分に統一されます。

・速達料金
郵便法の改正により、10月1日より速達郵便の料金が引き下げになります。
250gまでは290円から260円に、1kgまでは390円から350円に、4kgまでは660円から600円に値下げされます。

郵便は土曜日の配達が休止になります。日本郵便は10月2日から「普通郵便」「ゆうメール」の土曜日の配達を休止します。「ゆうパック」や「レターパック」「速達」などは引き続き土曜日や休日も配送します。お急ぎの方は、料金が引き下げられた「速達」を利用すると間違いないですね。

値上げと値下げ

ディズニーリゾートは「値上げ」と「値下げ」

ディズニーランドとディズニーシーは、3月から「価格変動制」のチケットを導入。混雑シーズンには高く、空いてるシーズンは少し安くなる仕組みを取っていましたが、大人の「ワンデーパスポート」は、10月からは一番高い時期で9400円と700円の値上げになります。

一方、一番安い時期は7900円と300円の値下げになります。一番高い時期と一番安い時期の差が1500円、家族で行くなら大きな違いです。事前の価格チェックが必要ですね。

まとめ

食料品の値上げがジリジリと続いているような気がします。

このような時は、シュフー(チラシ・広告・キャンペーン・クーポン情報満載|シュフー Shufoo! あの店の情報も掲載中)で近くのスーパーのお買い得情報をゲットして、安い時にまとめ買いをする、身体に悪いトランス脂肪酸を含むマーガリンを買わない、健康に害があるたばこをやめる、電気代やガス代のシュミレーションをして、安い料金の会社に乗り換える・・などでしっかり自己防衛しましょう。

見直すことで、今よりもっと家計が改善するかも知れませんよ

タイトルとURLをコピーしました