日経電子版を無料で読む方法

日経新聞の購読料をご存じですか?

紙の新聞は1ヶ月4,900円、電子版は1ヶ月4,277円です。

それが無料で読めると、ちょっといい食事ができますよね(^^)

あるいは読みたい本も買えます。

そんな方法があるのです。

手数料の安さ、商品の多さ等で定評のある楽天証券を開設すればスマホでもPCでも、いつでも自由に日経が読めます。ちなみに私はスマホと家のPC、両方で読んでます。

スマホではiSPEEDというアプリを入れるだけで、PCではMARKET SPEEDをダウンロードするだけで相場状況だけでなく日経テレコン(日経速報ニュース、日経新聞朝夕刊、日経産業新聞、日経流通新聞、日経地方経済面・・3日分)が読めます。

おまけに楽天証券の『トウシル』(※1)、『バロンズ・ダイジェスト』(※2)まで。

(※1)『トウシル』とは楽天証券の投資情報メディアです。

(※2)バロンズ誌とは、ダウ・ジョーンズ社が発行する米国で最も著名な投資週刊誌で『バロンズ・ダイジェスト』は、バロンズ誌の中から、日本の投資家にも役立つ記事を日本語で抜粋・要約したレポートです。

楽天証券さんには申し訳ないのですが、買うタイミングがつかめずなんの取引もしてないのに貴重な日経が読み放題!(タイミングがつかめたら、ちゃんとお取引しますからね☆)

⇒後日談・・・あれから少しですが、ちゃんと株を買いました!毎日、日経を読んでいると「コレ」というニュースに出会えるものですね。

あとは売り時を失敗しないように気をつけるだけです。

株を買うと毎日の相場状況、日本の経済、世界の経済ニュースにもますます興味がわいてきます。

とてもいい勉強になるので、自分の許容範囲内で早めに投資を始めるといいと思いますよ。

楽天銀行の口座も開設して、証券とブリッジすれば普通預金の金利が0.1%(※ブリッジしていないと0.02%)になります。

メガバンクの普通預金金利0.001%の100倍です。

手続き、最初はちょっと面倒ですがそのあとは\(^o^)/
ぜひぜひおススメです。

【補足】

私が楽天証券で口座を開設したときは、日経テレコンが無料で読めるのは楽天証券だけでしたが、2021年3月時点で丸三証券でも読めるようになっていました。

ちなみにDMM.com証券では株式新聞が無料で読めるようですよ

タイトルとURLをコピーしました