退職金定期預金について

2021年4月1日、今日から新年度になりました。
3月末で退職された方も多いと思います。

退職金の運用について決めていらっしゃいますか?
いきなり株の運用をはじめて、タイミング悪く暴落したらせっかくの退職金が1/2、1/3になってしまうこともあります。特に今は乱高下が激しいときです。
退職金の使い道がまだ決まっていない方、資産形成を始める前にじっくり考えたい方は退職金定期を利用してしばらく時間稼ぎをしてはいかがでしょうか?

高金利の退職金定期預金(3ヶ月)についてまとめました。外貨定期と違って(円⇔外貨)への手数料がかかりませんし、為替変動リスクもありません。
ぜひご検討&ご健闘くださいね。

おススメの銀行

おススメの銀行は以下の3行ですが、みな同じ金利(0.8% 税引後:年0.637%)です。もしかしてこれが限界?

  • 三井住友信託銀行
  • 三菱UFJ信託銀行
  • 東京スター銀行

つまり1,000万円3ヶ月預けると利息が15,937円です。

「受取利息」(概算)の計算式
1,000万円×0.8%×3/12か月=20,000円(税引前利息)
20,000円-税金4,063円(注)=15,937円(税引後利息)

口座にすでにある資金ではなく新たな資金家族も利用できる退職金以外の資金も利用できるという点も一緒です。

違いはなに?

  • 三井住友信託銀行 退職後2年間 500万円~1億円
  • 三菱UFJ信託銀行 退職後2年間 1,000万円~5,000万円
  • 東京スター銀行 退職後3年間 500万円以上

つまり、預けられる期間と預入金額が違っていました。

注意!!

定期預金よりはるかに金利が高い、定期と投資信託の組み合わせコースもあります。

こちらは投資信託の手数料ですぐに定期預金の金利が吹っ飛んでしまいますのでご注意ください。

番外編

オーストラリア・ニュージーランド(ANZ)銀行

同じ3ヶ月で勝負するなら、金利(1.1% 税引後:年0.876%)がダントツかもしれません。

しかも退職金というしばりもなく、誰でも電話で申し込みができ、書類も郵送、銀行までわざわざ足を運ぶ必要もありません。

預金保護の対象外ですが、格付けも以下のとおり優良企業。(※三井住友銀行、三菱UFJ銀行 長期債格付け:A1 (ムーディーズ)よりも格上)


(2020年12月末現在)
長期債格付け:Aa3 (ムーディーズ)
AA- (スタンダード・プアーズ)短期債格付け:P-1 (ムーディーズ)
A-1+ (スタンダード・プアーズ)

預入金額は1,000万円~1億円、限度額の1億円なら、3ヶ月後の利息がなんと219,000円!

高額預金をしたい人にはおススメの銀行です。ただし、ANZプラス円定期預金を始めて預入れする場合&3ヶ月のみの金利なのでご注意くださいね。

タイトルとURLをコピーしました